認知症・発達障害・精神科・心療内科のことなら、鹿児島県出水市の医療法人互舎会『荘記念病院』にお任せください。

認知症疾患医療センター
医療法人互舎会 荘記念病院

〒899-0405 鹿児島県出水市高尾野町下水流862-1

診療時間
09:00~12:30
13:30~17:00
休診日
土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

0996-82-3113

E-Mail:shoukinen-hp@po4.synapse.ne.jp

センター長ごあいさつ

 ごあいさつ

 平成25年10月1日付にて鹿児島県より認知症疾患医療センターの指定を承りました。これまで県内において4ヶ所の病院が認知症疾患医療センターの指定を受けていましたが、今回の増設でほぼ倍増したことになります。それだけ我が国が医療政策において認知症に重きを置き始めているということが言えましょう。

 これまで当院では指定される以前から認知症専門外来を創設し、周辺介護スタッフをお招きした認知症セミナーなどの開催を通して地域と連携を図って参りました。今後も活発にセミナーや症例検討会などを開催してきたいと思っております。

 さて当院の特徴として神経内科専門医と精神科専門医など3名の医師が物忘れ専門外来を担当致しております。全国的にこれまで、認知症の診療に神経内科医、精神科医、脳神経外科医が概ね関わってきたのが現状です。認知症を診るといっても除外診断を含めると多岐にわたる知識が必要であり、前述した3科にはそれぞれ得手不得手があります。そういった意味において当院は3科のうち2科の専門医が各々の立場から認知症の診療に当たって補完しているというのが強みではないかと考えております。また画像診断においては京都の大病院で研鑽した技術の高い放射線技師が頭部CTを担当し、画像解析により水平断のみならず矢状断や冠状断の情報が得られる点が挙げられます。

 以前よりこの北薩地区に住んでおられる方々が認知症医療において「この地区に住んでいて良かった、安心できる」、と思ってもらえる地域作りをしていくという思いが我々の中にありました。認知症医療はまさに地域全体のチーム医療です。そこには患者さんや家族はもちろんのこと、ケアマネージャーや介護士、グループホームや老健などの入所施設、地域包括支援センタースタッフ、開業医の先生方、身体医療や精神医療の入院施設などが含まれます。そしてそれらが一体となりチームを形成することでしか最良の認知症医療を提供出来ず、これからの最重要課題であると考えております。全国的にそれぞれでは秀でた施設があったとしても未だ横のつながりを考えるとまだまだ構築が進んでいる地域は多くはありません。

 数年を経て少しずつですが漸く、「出水・阿久根認知症ネットワーク」構築実現に近づきつつあると思っております。今後も認知症医療において全国に誇れる地域作りに少しでも当院が貢献出来るよう、スタッフ一同頑張って行きたいと思っています。ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 荘記念病院 認知症疾患医療センター長  西脇 知永